2016年11月12日

【鉄道】ふれあい鉄道フェスティバル2016 @尾久車両センター。583系展示に「みちのく」!!



只でさえ、貴重な国鉄色の電車型寝台特急なのに…
あ、尾久(おく)は、東京の上野の少し北に有る電車・客車庫で、
寝台特急の北斗星(過去形)、カシオペアなどの「ねぐら」です。
端の方に、機関車の車庫「田端機関区(たばた-)」も有ります。

『みちのく』は、常磐線経由 上野 - 水戸 - (岩沼) - 仙台 - 青森を
結んでいた、寝台特急(電車。三段式)です。(三段式=上中下のベッド)
HM(ヘッドマーク)が「こけし」なのも、地元民には嬉しいデザインですね。
http://shiraho1896.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
現在は、仙台車が秋田に移管したので、秋田の車輌になっています。
ディズニーランド臨などに今も使われていますが、次の全検がいつか
全く確認してないので、この先いつまで持つか微妙な感じです。
シートの背もたれがリクライニングしないですが、これこそ583です。
あと、フィルム時代(リバーサル)では、この良いクリーム色を
正確に出すため「+1(段)補正」する… みたいな技も有りました。
http://gokiraku-watari.my.coocan.jp/Diary/2008/20080614/TotteDashi2-20080614.html
何故「補正」が必要なのかは、この辺でも読んでみて下さい。
http://www.antaresdigicame.org/photo_gallery/camera/camera42.html
http://www.dowjow.com/monthly/learn/2009/07/post-1.php
まぁ、今はRAW現像も、ソフトウェア(Photo shopなど)によるレタッチで
ピント、アングル(構図)、SS(シャッタースピード)さえ合っていれば、
正直後からどうにでも出来るので、そこまで意識しなくとも…
やっぱり、583(ゴッパーサン。俗称)は特別な存在ですね。(^^♪


< 本文、反対側が「はくつる」じゃないなんて… >
個人的には、臨レだった『ふるさと』が見たい…
http://blogs.yahoo.co.jp/abc0190jp/39231418.html
----------------------------------------------------
[ひとり言]
今度行く時は、阿佐ヶ谷(あさがや)にも寄ってみようかな・・・
http://newgame-anime.com/
http://blog.livedoor.jp/beetle883/archives/8215976.html
東京(23区内)のJR線は全線乗ってるけど、降りた事ない駅は意外と多かったり…


.
posted by 杜泉@仙台 旅ネタてんこ杜BM at 23:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■仙台 - 首都圏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック