2017年06月12日

【鉄道トリビア】ローマ字表記に関して今まで気付いてない事に今になって気付く事になるとは。φ(..)メモメモ



最近気付いたのは、この動画に有るJR北海道の『特急オホーツク』
オホーツクが「ロシア語」なのは知っていたけど、
アルファベット表記が「ローマ字」ではなく、
英語表記の "Okhotsk" (スペル注意)だったと言う事。φ(..)メモメモ
何で今までこれを気にした事がなかったんだろう… (-_-;)
元から英語だけの「カシ(略)」や「トワ(略)」も有ったのに…

ちなみに、同社の今は亡き『特急ライラック』も "Lilac" 表記だったとは


ついでに書いておくと、英語などの文字が有るのに読まない文字の事は、
『黙字(もくじ)』と言います。(英語の "Silent letter" の直訳??)
日本語にも幾つか有り、地元で読めない人は居ない『伊達(だて)』の『伊』もその一つ。
でも、この逆で「書かれていないのに読む文字の事」は何と言うのだろう?
(固有名詞:主に人名や地名における「の」などが省略されたもの)
http://uub.jp/arc/arc399.html
(単純な送り仮名の省略[慣例化]の事ではなく…)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19730618001/k19730618001.html

もう1つは、最近でなくもっと早くに書いておくべき事だったんだけど、
それは、地元『仙台市地下鉄』の南北線・東西線の駅名のアルファベット表記の事。

先ずはこちらの東西線の動画を再生してみて下さい。ちょっと違和感が有りませんか?


次に、東西線より約30年早く開業した『南北線』の方も見てみましょう。
https://www.kotsu.city.sendai.jp/subway/news/numbering/index.html
この公式サイトに有る様に2015年に『駅ナンバリング』を採用した事により、
実はローマ字表記から「英語」のアルファベット表記に変わりました。(-_-;)

■(旧)ローマ字表記。全て大文字の『駅名標ヘボン式』
https://blogs.yahoo.co.jp/yasutomo_2000/39211702.html
http://photozou.jp/photo/show/50802/23983788
https://blogs.yahoo.co.jp/takaseablog/28727402.html
https://images.keizai.biz/sendai_keizai/headline/1204600785_photo.jpg
http://namushellshu.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/07/14/securedownload.jpg
http://namushellshu.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/07/14/securedownload_2.jpg
https://blogs.yahoo.co.jp/rwpth440/52238029.html
赤:(南行き) 富沢 行き
青:(北行き) 泉中央 行き
http://officenezuka.webcrow.jp/DearNANKAI/nankai/fushigi/romaji.html
http://himetorao.aikotoba.jp/roman/station.html
ですが、駅の地上出入口の表記は現在もこちらのまま
http://chikocrape.way-nifty.com/blog/2015/06/150607-8.html
http://www.homemate-research-station.com/dtl/46000000000000000980/imagelist/

■(新)英語表記。スペルは「駅名標ヘボン式」を踏襲
https://www.kotsu.city.sendai.jp/otanoshimi/goods/keyholder/images/touzai_key.png
「勾当台公園駅」と「広瀬通駅」の駅名下に付属していた
[ . ]ドット付のローマ字表記は消滅し、日本語表記のみに変更。
公式グッズの「駅名キーホルダー」も現在は既にこちらのタイプに変更
http://www.kotsu.city.sendai.jp/otanoshimi/goods/keyholder/index.html


現在のJRは、頭文字だけ大文字で残りは小文字のローマ字表記ですが、
([陸前原ノ町:Rikuzen-Haranomchi]の様な旧国名を挟む例なども含む)
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD&oldid=63937984
実は昔のJR(国鉄時代も含む)も南北線同様「大文字」だけのローマ字でした。
http://artificium.blog.fc2.com/blog-entry-156.html
http://www.geocities.jp/tokyoctrl/kitasendai/kitasdj.htm
「阿武隈急行」に至っては、大文字だけの英語表記(スペルはヘボン式を踏襲)で、
しかも駅によって「文字間」の統一性が無いと言う微妙なバランス・・・(謎)
(多数派の「離れている」と、少数派の「やや離れている」「離れていない」の3種が混在)
http://train.gomi.info/images/abukuma/eki-name-abukuma-tsukinoki-s.JPG
http://yakuba.miyagi-web.net/img/s-2011-11-11-14.jpg
http://www.cafe-dragoon.net/trip/rosen/abukumakyuko_line/01_fukushima_p1.jpg
なので、『ローマ字表記が当たり前』…だと言う前提で見てしまうので、
どうしても「長音 = Long Tone」の区別の無い表記では違和感有るし、
南北線の駅には無いですが、東西線の「八木山動物公園駅」と「国際センター駅」は
完全に英語訳された駅名を当てているので、コレも親切なのか不親切なのか、
ここも判断に苦しんでしまうと言う訳なのです。(-_-;)

ついでなので書いてしまうけど、到着時のアナウンスも
JRの様な「お出口」でなく「出口」だけな部分も微妙な気がしないでもない・・・


駅ホームのアナウンス[近接・発車放送]も女性だけに統一して欲しいし、
英語アナウンスも、もう少し爽やかな感じが個人的には好みですけど、
あと、これも小さな違和感なのですが、JR(主要駅)の様に「改札」頭上と
各駅ホームに「時計」を1つでいいので設置して欲しかったり。(-_-;)
JRの様な「アナログ式(デジタル式も混在)」でなくてもいいので…
http://www2.ctv.co.jp/tekken2/files/2013/10/33c508e06866040a7b11e4cda044a8c3.jpg
あ、ここで敢えて「パタパタ(反転フラップ式)」での復活とか
更に時代に逆行して「ニキシー管」も斬新でいい…かな??? (^^♪



また、機会が有れば「小ネタ的トリビア」は引き続きやるつもりです。


< 本文、いつまでも有ると思うな、その景色 >
-----------------------------------------------------
[ひとり事]
下書きが増えるばかりで、清書まで持って行けない。(T_T)


.
posted by 杜泉@仙台 旅ネタてんこ杜BM at 23:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■仙台 - 宮城県内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック